寺島でベネット

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。
フィトリフトって凄いの?口コミや効果を徹底検証

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。

一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です