藤井謙二の山本

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
とうきのしずく(透輝の滴)効果や口コミを徹底検証

自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

急患でも診療を受けることが必要です。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です