チェリーバルブでアムロちゃん

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
クリアポロンっていいの?!効果や口コミ徹底検証!

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることはできる状況になっています。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です