金本の手島

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。

そうなる理由として、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。

おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。

リフトマキシマイザーの口コミが凄い!本当に効果があるのか!?
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です