矢崎とテンレック

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。

ボニックプロは効果あるの?話題みたいだけど?
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です