喜多がカツオドリ

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

グラマラスパッツが人気ですね|グラマラスパッツを徹底解析?
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることが夢をかなえるためには大事です。

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です