ロシアンブルーとバッチ

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。
ふわっとマシュマロブラって効果あるの?口コミや効果を徹底検証!

そうなる理由として、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です