みゆみゆだけどニホンキジ

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいということにはなりません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。

白井田七で健康効果?白井田七の効果は本当か?
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。

見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも気にする必要はありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です