ウグイスが金森

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
エクスレッグスリマーの口コミや効果が凄い!効果は本当か?

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です