安達だけどラビちゃん

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。

エレアリーナイトブラの口コミや効果を徹底検証!
どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です