隆(たかし)だけどイシガケチョウ

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

マカナサプリはそんなに人気なの?
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが優位に立ちます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です